Yutaka Nakamura

Athletes' Management /  Strength & Conditioning

 

An internationally recognized leader and motivator in the world of athletic performance training, Yutaka NAKAMURA has created the standard for producing elite athletes with cutting edge training based on the latest sports science.  

 

Yutaka is currently a Strenght and Conditioning coach for Naomi OSAKA. She won 2020 US Open Women's title and 2021 Australian Open Women's title.  

 

As Head of Tennis Strength and Conditioning, Yutaka oversaw the program for IMG Tennis; Academy, Camps, Elites, Professionals, IMG Clients in 2018 and 2019.  Manage a team of trainers and coaches at IMG Academy, located in Bradenton, Florida.  

 

NAKAMURA became the physical trainer for Maria SHARAPOVA for seven years, 2011 though 2018.  In 2012, she earned the French Open title for the first time.  Then, she completed her career Grand Slam and regained the number one ranking in the world.  In 2014, she regained the French Open title for the 2nd time which became her 5th grand slam tilte.  

 

Yutaka’s journey began as a trainer at Saddlebrook Sports Complex where both legendary academies; Harry Hopman Tennis and Arnold Palmer Golf were located in Tampa, Florida.  In 2000, Yutaka trained and traveled with Jennifer CAPRIATI to help with her come back on the WTA Tour. Later in her career, she earned three Grand Slam titles. 

In 2005, Nakamura became Director of Performance at IMG / Bollettieri Academy to oversee the strength and conditioning program for full-timers (300+ per school year), short-timers (1000+ per year), elite junior group and professional players including Maria SHARAPOVA, Kei NISHIKORI, Tommy HAAS, Mary PIERCE, Xavier MALISSE, Max MIRNYI and many others.

 

With MMTF (Morita Masaaki Tennis Fund), NAKAMURA developed the Japanese talent, Kei NISHIKORI from the age of 13 through 20.  He won the ATP title in Delray Beach in 2008 at the age of 18 and became the first Japanese man in nearly sixteen years to win an ATP event.  

 

Two years, 2010 and 2011 with Tennis Australia, NAKAMURA became a Strength and Conditioning coach and served as a consultant for Australian Davis Cup team members.  

 

 

Education & Accreditation

Bachelor's degree in Kinesiology, emphasis in Athletic Training from Chapman University.  Certified Strength and Conditioning Specilist (C.S.C.S.) through National Strength and Conditoning Association (NSCA).  XPC (Certified Performance Specialist) by EXOS.  


中村 豊

アスリートマネージメント

ストレングス&コンディショニング
 

東京都出身

桐光学園高校卒業

米国チャップマン大学卒業

(スポーツサイエンス専攻)

 

トレーニング、栄養、リカバリーという身体を作る三大要素を軸にアスリートマネジメントを行うフィジカルプロジェクトを提唱。運動から体調管理、ひいてはモチベーションも含めた心技体の健康をテーマに掲げ、アスリートのマネージングをしている。米国(フロリダ州)を拠点に、世界中へ幅広いネットワークを持つフィジカルトレーナー。

 
20206月から、女子テニスプレイヤー大坂なおみの専属のトレーナー(ストレングス&コンディショニング)として、全てのツアーに帯同している。就任後、大坂は2020年の全米オープン、2021年の全豪オープンと、それぞれ2年ぶり2度目のグランドスラムタイトルを勝ち取っている。

 

- 経歴 -


1989年、高校卒業後、米国パーマーアカデミー@ホップマン・テニス(現サドルブルック)へテニス留学。アルバロ・ベッタンコ氏、トミー・トンプソン氏、櫻井準人氏などから指導を受け、学業から進路、人生など様々なものを学ぶ。この頃、米沢徹氏、松岡修造氏、ジェニファー・カプリアティに出会う。

1993年アカデミー卒業後、カリフォルニア州のチャップマン大学へ入学。カレッジプレイヤーとしてテニス競技を続けながら、運動生理学、スポーツサイエンスを専攻する。アメリカン・フットボール、ベースボールチームの学生トレーナーとしても活動。

1998年、サドルブルックのトレーニングコーチに就く。アルバロ・ベッタンコ(松岡修造氏の過去の指導者)とチームを組み、ジュニアプログラムの育成と発展、アカデミープロプレイヤーのフィジカル部門を任される。

2000年、ジェニファー・カプリアティのトレーナーとしてグランドスラム、フェドカップを含むツアーに帯同。翌年、彼女は全豪オープン、 全仏オープンを制し世界ランク1位の座に輝く。また、当時のフェドカップキャプテン、ビリー・ジーン・キングから多くの影響を受けた。

2002年、ホップマン・キャンプから独立。当時オレンジボウルのため渡米していた錦織圭(当時12歳)と初対面。2004年、ニック・ボロテリー・テニス・アカデミー(現IMGアカデミー)にて盛田正明テニスファンド(MMTF)のトレーナーに就任した。

2005年、IMGアカデミープログラム全般とジュニア育成プログラムをより強化させたいというニック・ボロテリー氏との関係から、同アカデミーと契約。フィジカルトレーニングのフルタイムの生徒からIMG ELITEIMG契約選手)、プロ選手の指導を行う。マリア・シャラポワ、マリー・ピアース、トミー・ハースの他、錦織圭を、渡米した13歳から20歳までのトレーニングに携わった。

2010年、オーストラリアテニス協会「テニスオーストラリア」と契約、渡豪。伝統あるテニス強豪国の復活、再生を目指し、フィジカルトレーニングを担当。男子若手代表のバーナード・トミックのフィジカル・トレーナーとしてツアーを回る。デビスカップ、プロ男子のフィジカルトレーニングのコンサルタントを勤める。

 
2011年、マリア・シャラポワの専属トレーナーに就任。2018年までツアーに帯同していた。2012年にはシャラポワにとって鬼門とされていた初のフレンチオープンのタイトルを勝ち取り、キャリア・グランドスラムの栄冠を手に入れ、世界ナンバーワンの座を勝ち取った。2014年には5つ目のグランドスラム、2度目のフレンチオープンを奪還した。

 

その間、全米女子ゴルフ(LPGA)のジェシカ・コルダ、フォルトゥナ・ドッセルドルフ所属の伊藤遼哉のフィジカルトレーナーを務めた。また、NIKEのアドバイザリーとコンサルタント(トレーニング・システムや育成プログラムの提供等)を務め、海外でのクリニックやセミナー等、グローバルな普及活動も担う。テニスからゴルフ、ベースボールやサッカーなど幅広い指導を行い、フィジカルプロジェクトから現場や環境づくり等のサポートを続けた。

2019年、米国フロリダ州のIMG Academy・テニスアカデミーのストレングス&コンディショニング部門の総括に就任。フルタイムの生徒のプログラミングから、デニス・シャポバロフ等、エリート・プロ選手の指導を行っていた。身体機能の強化から向上、そして栄養面での指導・育成に取り組んでいた。

 

2016年から2020年まで盛田正明テニスファンド・Morita Masaaki Tennis Foundation/MMTF の顧問から同ファンドの選手育成に携わっていた。

 

元公益財団法人日本テニス協会強化本部情報科学委員会メンバー

現日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)

 

 

資格
NSCA/全米ストレングス&コンディショニング協会会員
CSCS/ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
XPS (Certifed Performance Specialist) by EXOS

 

 

 

 

Yutaka Nakamura

Yutaka Nakamura

News & Projects

Yutaka Nakamura x Naomi Osaka
Yutaka Nakamura x Maria Sharapova
Yutaka Nakamura x Denis Shapovalov
Jessica Korda, LPGA
Ryoya Ito, Fortuna Dusseldorf
盛田ファンド・Morita Fund

Partner with

NIKE
BODYARNOR
HYPERICE
MAINICHI
NewsPicks
Tennis Magazine
Print Print | Sitemap Recommend this page Recommend this page
All Right Reserved: 2021 NPU

E-mail